Ubuntuサーバー構築入門

  • Ubuntu 20
  • Ubuntu 18
  • Ubuntu 16

WebフレームワークMojoliciousのインストールとWebアプリケーションの実行方法

WebフレームワークMojoliciousのインストールとWebアプリケーションの実行方法について解説します。Ubuntuサーバー構築入門では、Perl Webシステム開発を行うための、環境構築を行う上で、最低限必要な知識を公開します。

Webフレームワーク Mojoliciousをインストールする前提

WebフレームワークMojoliciousをインストールする前提として、ユーザーPerlとcpanmがインストールされている必要があります。

Webフレームワーク Mojoliciousのインストール

Webフレームワーク Mojoliciousをインストールしましょう。

cpanm Mojolicious

Mojoliciousがインストールされたことの確認しましょう。エラーが起こらなければ大丈夫です。

perl -e 'use Mojolicious'

一番小さなMojoliciousアプリケーション

Mojoliciousアプリケーションを作成しましょう。


次のMojoliciousのプログラムを「myapp.pl」という名前で保存しましょう。

use Mojolicious::Lite;
get '/' => {text => 'Hello World!'};
app->start;

開発環境用でWebアプリケーションを起動

morbo(モーボ)コマンドを使うと、Webアプリケーションが開発環境で起動します。

morbo myapp.pl

3000番ポートでWebアプリケーションが起動します。

Web application available at http://127.0.0.1:3000

127.0.0.1は、ローカルサーバーのアドレスです。この部分を、あなたのサーバーのIPアドレスに変えてブラウザからアクセスしてみましょう。

VPSやクラウドサーバで、3000番ポートが開いていない場合は、アクセスできないので、3000番ポートを許可してください。

以下の例は、サーバーのIPアドレスが「59.105.185.197」の例です。

http://59.105.185.197:3000

画面に「Hello World!」と表示されれば、成功です。

本番環境用でWebアプリケーションを起動

次に本番環境用で、Webアプリケーションを起動してみましょう。hypnotoad(ハイフノトード)コマンドを使うと、Webアプリケーションが本番環境用で起動します。

hypnotoad myapp.pl

8080番ポートでWebアプリケーションが起動します。

Web application available at http://127.0.0.1:8080

再起動するときは、もう一度実行します。

hypnotoad myapp.pl

停止するときは「--stop」オプションを使用します。

hypnotoad --stop myapp.pl

Mojoliciousアプリをリバースプロキシから接続する

本番環境では、hypnotoadで起動したWebアプリケーションを、ApacheなどのWebサーバーからリバースプロキシで接続します。

この手順については、以下を参考にしてください。