Ubuntuサーバー構築入門

  • Ubuntu 20
  • Ubuntu 18
  • Ubuntu 16

groupaddコマンド - グループを追加する

groupaddコマンドでグループを追加できます。sudoでroot権限で実行します。

sudo groupadd グループ名

以下は、アプリケーション用のグループ「myapp-group」を作成するサンプルです。

sudo groupadd myapp-group

グループの一覧を確認するには「/etc/group」ファイルをcatコマンドで出力します。

sudo cat /etc/group

myapp-groupが存在するのを確認しましょう。

myapp-group:x:1003:

なんのためにグループが必要になるの?

グループの作成には複数の目的がありますが、システム開発において必要になる場合を書きます。

あるディレクトリに複数のユーザーがファイルを保存する場合

データを保存するためのディレクトリに複数のユーザーがファイルを保存する場合には、グループを作成して、そのグループがファイルを読み書きできるようにする必要があります。

すべてのユーザーが読み書きできるようにするよりも、ユーザーを限定して、特定のグループに所属するユーザーだけが、読み書きできた方が安全です。

kimotoとtanakaとyamadaが、自分のユーザーで開発しているとします。この場合は、データディレクトリへのファイルの書き込みは、それぞれのユーザーのグループになります。

tanakaが書き込んだ場合は「tanaka:tanaka」になります。そうするとkimotoは、読み書きできません。

これを回避する方法は別のところで解説しますが、このような場合は、まずアプリケーション用のグループを作成する必要があります。

グループに対するその他の操作

グループの一覧を表示する方法は以下の記事で解説しています。

グループを削除する方法は、以下の記事で解説しています。