Ubuntuサーバー構築入門

  • Ubuntu 20
  • Ubuntu 18
  • Ubuntu 16

Ubuntuサーバー管理入門とは

Ubuntuサーバー管理入門は、PerlWebシステム開発を行う環境をUbuntuを使って構築するためのPerlゼミのコンテンツの一つです。

Ubuntuとは

Ubuntuは、Linuxディストリビューションの一つです。Ubuntuはかつては、Linuxデスクトップの分野で知られていましたが、サーバー側の新しい技術を積極的に取り入れていくLinuxディストリビューションとしても知られるようになりました。

Ubuntuサーバー管理入門でUbuntuといった場合は、Ubuntuサーバーのことを指します。

Windows 10上で、Linux開発環境を構築できるWSL(Windows Subsystem for Linux)と呼ばれる仕組みがありますが、これには、Ubuntuが採用されています。

WSLは、2020年現在、まだ安定的とはいえませんが、(まだ試していませんが)ちらっと見たところでは、WSL上のファイルを、仮想的なネットワークごしに、編集できるようになり、ファイルの破損がしなくなったように見えます。

ですので、2020年は、利用機会が、増えていくんじゃないかと感じています。

UbuntuでPerl Webシステム開発環境を構築

Ubuntuサーバー管理入門の主要な目的は、Perlを使ってWebシステム開発を行える環境構築の手順を解説することです。

Ubuntuの使い方、Webサーバー、データベースサーバーのインストール、設定ファイル、運用などを解説します。

PerlとWebフレームワークMojoliciousを使って、アプリケーションサーバーを起動して、リバースプロキシで、Webサーバーから接続する方法を解説します。

アプリケーションサーバーから、データベースサーバーへ接続する方法も解説します。